契約法務
Contract
――――

契約条項の内容 法制執務

法令用語を勉強しよう|「その他」と「その他の」の違い

今回は、法令用語を勉強しようということで、「その他」と「その他の」の違いについて見てみたいと思います。 法令用語というのは、法令をつくるときに、慣習的な用語法に従って用いられる用語のことです(日常用語とは異なる独特の意味がある)。当ブログでは、法令用語のうち、契約書を読み書きするときにも役立ちそうなものをピックアップしています。 「その他」と「その他の」は、ほとんど同じに見えますが、実は、法令用語としての意味には違いがあります。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 ...

契約条項の内容 法制執務

法令用語を勉強しよう|「当該」の使い方

今回は、法令用語を勉強しようということで、「当該」の使い方を見てみたいと思います。 法令用語というのは、法令をつくるときに、慣習的な用語法に従って用いられる用語のことです(日常用語とは異なる独特の意味がある)。当ブログでは、法令用語のうち契約書を読み書きするときにも役立つものをピックアップします。 「当該」には指示語としての用法があり、契約書などでも非常に使いやすいです。 指示語は、一般的には「その」「この」とか「それ」「これ」などが使われ、業務文書では「同」「前記」「上記」などいろいろありますが、法令用 ...

契約条項の内容

契約の一般条項を勉強しよう|期限の利益喪失条項

今回は、契約の一般条項を勉強しようということで、期限の利益喪失条項について見てみたいと思います。 ※「契約の一般条項」というのは、ここでは、いろんな契約に共通してみられる条項、という意味で使っています。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 期限の利益とは 期限の利益とは、期限が到来するまで債務の履行を請求されないという債務者の利益のことである。 例えば、貸金の返還債務や代金の支払義務などについて期限が設けられている場合、その猶予期間内であれば、債務者は、債権者から請 ...

契約条項の内容 法制執務

法令用語を勉強しよう|「することができる」と「しなければならない」

今回は、法令用語を勉強しようということで、「することができる」と「しなければならない」の意味を取り上げてみたいと思います。 法令用語というのは、法令をつくるときに、慣習的な用語法に従って用いられる用語のことです(日常用語とは異なる独特の意味がある)。当ブログでは、法令用語のうち契約書などを読み書きするときにも役立ちそうなものをピックアップしています。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 「することができる」の意味 「することができる」は権利 法令用語としての「するこ ...

契約書の形式 法制執務

法令作成を勉強しよう|条文の見出しとレイアウト

今回は、法令作成を勉強しようということで、条文の見出しとレイアウトについて見てみたいと思います。 法令作成には一定の決まった型みたいなものがありますが、当ブログでは、契約書などを読み書きするときにも役立ちそうなものをピックアップしています。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 条文の見出し 基本形 条文の内容を簡潔に要約して( )をつけた部分が「見出し」です。 見出しがあることによって、理解もしやすくなりますし、条文も探しやすくなります。 ”一つの条文に、一つの項目 ...

契約条項の内容 法制執務

法令用語を勉強しよう|「及び」「並びに」と「又は」「若しくは」

今回は、法令用語を勉強しようということで、「及び」「並びに」と「又は」「若しくは」の意味を取り上げてみたいと思います。 法令用語というのは、法令をつくるときに、慣習的な用語法に従って用いられる用語のことです(日常用語とは異なる独特の意味がある)。当ブログでは、法令用語のうち、契約書などを読み書きするときにも役立ちそうなものをピックアップしています。 「及び」「並びに」(andの意味)と、「又は」「若しくは」(orの意味)は、だいたいどんな解説でも、最初の方の話は日常感覚でわかりますが、話が進むにつれて意外 ...

他の記事も読む

コンプライアンス法務
Compliance
―――――――

広告法務

強調表示と打消し表示|留意点の概要

今回は、広告法務ということで、強調表示と打消し表示の概要について見てみたいと思います。 「個人の感想です」「個人差があります」といった小さい注意書きを見ることはよくあると思いますが、強調表示と打消し表示は近年とみに注目されており、かなり分量のある実態報告書が消費者庁HPでも公表されています。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 強調表示・打消し表示とは 日常生活でもよく見かけるが、広告中で、例えば「10 時間効果が持続!!」のような断定的表現や目立つ表現を使って商品 ...

犯罪収益移転防止法

犯罪収益移転防止法を勉強しよう|自然人の本人確認方法(非対面・郵便等)

今回は、犯罪収益移転防止法を勉強しようということで、自然人の本人確認方法のうち、非対面・郵便等の場合について書いてみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線などは管理人によるものです。 自然人の本人確認方法(規則6条1項1号)ー非対面(郵便等)の場合 自然人の本人特定事項の確認方法は、規則6条1項1号に定められている。   非対面・郵便等の場合の確認方法は、全体をざっと見ると以下のとおりである。(※ここでいう「郵便」は、事業者から自然人への送付が郵便であること) 場面   条文 非対面・ ...

犯罪収益移転防止法

犯罪収益移転防止法を勉強しよう|法人の本人確認方法(対面の場合)

今回は、犯罪収益移転防止法を勉強しようということで、法人の本人確認方法のうち対面の場合について書いてみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線などは管理人によるものです。 法人の本人確認方法とは 法人の本人特定事項は、 である。 確認方法というのは、法人の本人特定書類(ex.登記事項証明書など)をどう使って、それらを確認するのか?ということであり、対面の場合と非対面の場合に分けて定められている。 本記事は対面の場合の話である。 なお、法人の本人特定書類について、詳しくはこちらの記事に書い ...

景品表示法

景品表示法を勉強しよう|表示規制ー有利誤認表示

今回は、景品表示法を勉強しようということで、表示規制のうち有利誤認表示について書いてみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 有利誤認とは 有利誤認とは、不当表示のひとつで、要するに、価格その他の取引条件について有利性を偽ることである。 消費者庁HPに、有利誤認についての簡潔でわかりやすい解説が載っている。 ▽有利誤認|消費者庁HPhttps://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_lab ...

広告法務

ステマ規制|不当表示の該当要件②ー判別困難性

今回は、広告法務ということで、ステルスマーケティング規制における不当表示該当要件の2つめ(事業者の表示であることの判別が困難であること)について見てみたいと思います。 本記事では、世の中に存在するステマ関連のルール全般ではなく、景品表示法上の不当表示として新たに指定されたステマ告示のことを、ステルスマーケティング規制(ステマ規制)と表記しています。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 事業者の表示であることの判別が困難であること(判別困難性) ステマ告示では、ステマ ...

特定商取引法

特定商取引法を勉強しよう|表示事項の全体像

今回は、特定商取引法に基づく表示を勉強しようということで、そもそもこれは何なのか?という話や、表示事項の全体像について書いてみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線などは管理人によるものです。 「特定商取引法に基づく表示」とは? いろんなウェブサイトで「特定商取引法に基づく表示」というページを目にすることがあると思うが、 ・これは特定商取引法のどこの部分で必要とされているのか? ・何のために必要とされているのか? というのが最初よくわからないのではないかと思う。 これは、特商法のなかの ...

他の記事も読む

コーポレート法務
Corporate
―――――

開示制度

開示制度|適時開示の仕組み(全体像)

今回は、開示制度ということで、適時開示(取引所規則に基づく開示)の仕組みについて見てみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 適時開示の仕組み(全体像) 適時開示は、取引所規則に基づく情報開示のことで、 決定事実に関する開示 発生事実に関する開示 決算情報に関する開示 という3つの種類があります。 ①は重要事実を決定した場合、②は重要事実が発生した場合、③決算の内容が定まった場合に、それぞれ適時開示を行う必要があります。 適時開示の根拠規定は、取引所規 ...

開示制度

開示制度|適時開示-発生事実に関する開示

今回は、開示制度ということで、適時開示(取引所規則に基づく開示)のうち発生事実に関する開示について見てみたいと思います。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 発生事実の開示時期 発生事実とは、会社に発生した重要事実のことで、発生後直ちに開示することとされています(上場規程402条、403条)。 実務上、遅くとも発生した日のうちには開示しなければなりません。実際の時刻としては、その日の取引時間の終了後(引け後)に開示されることも多いかと思います(適時開示ガイドブック第 ...

公益通報者保護法

公益通報者保護法を勉強しよう|公益通報の効果(公益通報者の保護)

今回は、公益通報者保護法を勉強しようということで、公益通報の効果(公益通報者の保護)について書いてみたいと思います。 なお、内容は現行法(令和2年改正前の内容)をベースにしつつ、適宜、改正の内容に言及する、というスタンスにしています。 ▽(参考記事)令和2年改正の内容についてはこちら ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線、改行などは管理人によるものです。 解雇の無効 公益通報の効果の1つ目は、公益通報したことを理由とした解雇の無効である(3条)。 ↑ ※本当は1~3号が長い条文なんですが、保護要件に関 ...

開示制度

開示制度|企業内容の開示-継続開示

今回は、開示制度ということで、企業内容の開示(法定開示)のうち継続開示について見てみたいと思います。 有報などは特に意識しなくても体感値的に残ってくるような内容も多いですが、どこに何が書いてあるかは案外把握しないままのこともあったりしますので、その辺も確認しながら見てみます。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 継続開示が必要な理由 継続開示というのは、有価証券が流通する場面での情報開示のことです。 発行開示が「発行市場(primary market)」に対応する情 ...

公益通報者保護法

公益通報者保護法を勉強しよう|公益通報の要件ー通報先と保護要件

今回は、公益通報の4つの要件(①通報の主体、②通報の内容、③通報の目的、④通報先)のうち、④について見てみたいと思います(①~③については前の記事を参照)。 ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線、改行などは管理人によるものです。 通報先の要件 通報先の要件は、以下のとおり、大きく2つに分かれます(①かつ②)。 【通報先の要件】 通報先が、①事業者内部、②権限のある行政機関、③その他の事業者外部のどれかであること(2条1項) 通報先の類型(3類型)ごとに決まっている保護要件を満たすこと(3条、6条) 条 ...

開示制度

開示制度|適時開示-決算情報に関する開示

今回は、開示制度ということで、適時開示(取引所規則に基づく開示)のうち決算情報に関する開示について見てみたいと思います。 決算情報の開示として「決算短信・四半期決算短信」が、決算関連情報の開示として「業績予想の修正」と「配当予想の修正」に関する開示があります。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは管理人によるものです。 決算短信・四半期決算短信 適時開示で開示される決算は、年次と四半期であり、具体的には「決算短信」と「四半期決算短信」が開示されます。 決算短信も四半期決算短信も、決算の内容 ...

他の記事も読む

法務転職

弁護士の転職物語①-転職活動の開始-

弁護士の転職、というのは最近ホットな話題であると思う。 よくもわるくも弁護士激動の時代に、新しい道を求めて弁護士の働き方も多様化しており、人材の流動性も上がっている。 自分自身も、人材の流動性(特に企業界と弁護士界の間)が上がるのは良いことだと思っている。 雑誌など商業的な記事も、ポジティブな論調で書いた方が格好良いに決まっているので、「インハウス盛り上がってる!」という風潮が見て取れる。 ただ、一側面からの論調であるとも感じるので、いち事例として、自分の転職物語を題材に、弁護士の転職(特にインハウスへの ...

法務転職

【弁護士の転職】転職エージェント選び|士業特化型エージェント

過去記事では転職話のアクセスが多かったので、今回は、弁護士の転職ということで、転職エージェント選びのうち分野特化型エージェントについて書いてみたいと思います。 最初の転職だと、 応募する会社(or事務所)をどうやって探すか?  エージェントを利用して探すとして、どのエージェントを選んだらいいのか?  と、迷うかもしれません。 ネットで検索すればわかることかもしれませんが、管理人のリアルな体験を交えて、独断と偏見でお伝えしたいと思います。 応募する会社をどうやって探すか まず、応募する会社(or事務所)をど ...

インハウスローヤー

【転職後の話】企業内部から見た外部弁護士の見え方

数年間インハウスをやらせていただいたので,振り返ってみた感想などを書いていきたいと思います。 さて昔何かの記事で,”法務部のあるような企業の社員は弁護士を見る目があるから,弁護士は,顧問をする際には心してかからねばならない”というような内容の文章を見たことがある。 が,自分が入ってみて,そうでもないのでは…と思った。 そうでもないというと少し言い過ぎかもだが,半分当たりで,半分はずれだと思う。 というのは,法務部の人間であっても,顧問先の弁護士がやっている訴訟活動なりドラフトチェックなりの法的な活動が,そ ...

法務転職

弁護士の転職物語⑫ー最初の条件交渉が肝心ー

最近、インハウス志望の修習生と話す機会があって、インハウス転職について思い出したことがあるので、書いておきたい。(余談ですがもう修習生って69期なのですね…自分の期がどんどん古くなっていって焦る) それは、最初の条件交渉が肝心、ということである。 インハウス転職活動をしていると、どうしても、条件交渉で自分の希望を述べることについて躊躇することも多いのではないかと思う。つまり、うるせー奴だなと思われて内定とれないのではないか、という懸念である。特に、法律事務所で弁護士として仕事をしながらのインハウス転職で、 ...

法務転職

弁護士の転職物語⑤-インハウス転職のネガティブ面-

今回はインハウス転職の,ややネガティブな面を指摘したい。 最近はインハウスローヤー(組織内弁護士)の数も急激に増え(自分もその1人だったが),JILA(ジャイラと読む。日本組織内弁護士協会)の会員も増えて,「インハウス盛り上がってる!」という風潮である。 それはそれで結構なことであるし,よくもわるくも何らかの変化は生まれるだろう。 ただ,なぜ現在こういう風に世の中が動いているのかというと,それは残念ながら端的にいって,弁護士の大量発生による弁護士の値崩れである。 要は会社で勤務するときの年収とそんなに変わ ...

法務転職

インハウスローヤーはおもしろくない?|消極的〇〇の話

最近Twitter等を見ていると、インハウスをやっている人は皆つまらないと言っているとか、充実感を感じていないとか、面白くないと言っている、という評をわりとよく見かける。 世間的にはそういうもんなんだ…と思ったので、これとはまたちょっと違う個人的意見を書いてみたいと思う。 インハウスローヤーはおもしろくない? 自分はインハウスを面白いと思っているので感覚的によくわからないし、実際インハウスが面白くないというのを直接聞いたことがないのでよくわからないけれど、こういう評を見かけたときにまず思ったのは、「面白く ...

他の記事も読む

このサイトについて

このサイトはどんなサイト?

イソ弁・インハウスローヤー(企業内弁護士)・独立開業など色々やってきた管理人が、いち法律職として見てきた景色を綴るブログです。転職や法律業務の知識、経験などをできるだけわかりやすく発信していきたいと思っています。

最新の投稿

  • 開示制度|会社法に基づく開示-決算公告
    今回は、開示制度ということで、会社法に基づく開示のうち決算公告について見てみたいと思います。 これは決算情報の開示のことで、時期的には、上場会社でいうところのいわば継続開示にあたります。 ではさっそく。なお、引用部分の太字、下線、改行などは ...
  • 法務の基礎を勉強しよう|公告の種類
    今回は、法務の基礎を勉強しようということで、会社公告の種類について見てみたいと思います。 会社の公告は、会社法の「第七編 雑則」 >「第五章 公告」という章に定められています。座学のときは地味すぎてあんまり真面目にやらない分野ですが、実務で ...

音声配信

動画 ‐ YouTube