犯罪収益移転防止法

犯罪収益移転防止法の記事をまとめています。

Jcomp - jp.freepik.com によって作成された business ベクトル

▽ 目次|犯罪収益移転防止法を勉強しよう

【法律の目的】
法律の目的、特定事業者など
「犯罪による収益」とは

【法律の仕組み】
特定事業者の5つの義務
特定事業者とは
特定業務と特定取引
 ┗特定業務とは
 ┗特定取引とは

【特定事業者の5つの義務】
1.取引時確認
(1)通常の特定取引の場合
確認事項と確認方法

① 本人特定事項
本人特定事項の確認とは
▷本人特定事項の確認方法
 ┗本人確認書類
 ┗本人確認書類の種類
 ┗顧客等と代表者等との関係の確認方法
 ┗外国人・外国法人の場合
 ┗確認方法
 ┗自然人(対面)
 ┗自然人(非対面・eKYC)
 ┗自然人(非対面・郵便等)
 ┗法人(対面)
 ┗法人(非対面)
  ┗取引関係文書とは

② 取引の目的、③職業or事業の内容
▷取引の目的、職業、事業の内容の確認

④ 実質的支配者
実質的支配者の確認とは
▷実質的支配者の確認方法

(2)ハイリスク取引の場合
ハイリスク取引とは
ハイリスク取引時の確認事項
ハイリスク取引時の確認方法

(3)既に確認を行っている顧客等の場合
既に確認を行っている顧客等の場合

(4)顧客が国や上場会社等の場合
顧客が国や上場会社等の場合

2.確認記録の作成・保存
確認記録の作成・保存
 ┗確認記録の記録事項

3.取引記録の作成・保存
取引記録の作成・保存
 ┗取引記録の記録事項

4.疑わしい取引の届出
疑わしい取引の届出とは
 ┗疑わしい取引かどうかの判断方法
 ┗疑わしい取引の参考事例

5.一般的な義務
取引時確認等を的確に行うための措置
 ┗主務省令で定める措置