知的財産

不正競争防止法 法律コラム

2020/11/24

名称の権利化とブランディング戦略【後編】|大学の名称変更と不正競争防止法

前の記事では、名称の権利化とブランディング戦略【前編】ということで、商標権による名称の保護について書いてみました。   本記事では、じゃあ商標登録してないときは何もいえないの?という話を書いてみたいと思います。   結論からいうと、このときは不正競争防止法という別の法律での保護を検討することができます。これは商標法とはまた別の法律ですので、商標登録していないときでも使うことができます。   これも少し前になりますけど、こんなニュースがありました。   ▷「京都芸術大 ...

商標法 法律コラム

2020/11/25

名称の権利化とブランディング戦略【前編】|お金配りと商標権

今回は、名称の権利化はブランディング戦略だと思う、という話を書いてみたいと思います。   商標って法律の話でしょ、法務部さんお願いね、インハウスローヤーもいるしヨロシクね…みたいな感じのこともあったりするかなと思うんですけど、そういうだけの話ではない(と思う)んです。   名称の権利化っていうのは、経営戦略の話と密接に絡んでいると思うんですよね。潜在的な可能性も含めてどの方面に進出し、そのうちどの方面に重点的にコストをかけるか、という選択の問題が発生するので。   でも、あん ...

商標法 法律系news

2020/11/24

法律ニュースの解説 #7|「ぴえん」絵文字の商標出願

先日、「ぴえん」の絵文字が商標出願されていた、というのがネットニュースになっていました。   ▽「ぴえん」商標出願で使えなくなる? アパレル会社申請にネット物議も「保険的な意味」|J-CASTニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/0a2df02a99b79e20cdf1f35a96225cb5a7bd7ae0   へえ…と思って、あんまりこういう変化球っぽいのを実際に仕事で見たことはないんですけど、ちらっと調べてみるとけっこう面白かった(興味深か ...

不正競争防止法

2020/11/24

不正競争防止法を勉強しよう|不正競争行為ー混同惹起行為、著名表示冒用行為

今回は、不正競争防止法を勉強しようということで、不正競争行為のうち、混同惹起行為と著名表示冒用行為について書いてみたいと思う。   混同惹起行為と著名表示冒用行為は、マークの保護ということで、商標権と関連があるものとして、セットで見た方がわかりやすいところがあるので、同じ記事内にしています。   ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線は管理人によるものです。   ※テキストとしては、経産省HPに、スライド形式の「不正競争防止法テキスト」と、ガチ解説の「逐条解説 不正競争防止 ...

不正競争防止法

2020/11/18

不正競争防止法を勉強しよう|不正競争行為ー営業秘密に係る不正行為

今回は、不正競争防止法を勉強しようということで、営業秘密に係る不正行為について書いてみたいと思う。   ではさっそく。なお、引用部分の太字や下線は管理人によるものです。   ※テキストとしては、経産省HPに、スライド形式の「不正競争防止法テキスト」と、ガチ解説の「逐条解説 不正競争防止法」が掲載されています。 ▷不正競争防止法(知的財産室)|経産省HP   メモ  本カテゴリ「法務道場」では、インハウスとしての法務経験からピックアップした、管理人の独学や経験の記録を綴っていま ...

商標法

2020/9/25

商標法を勉強しよう|商標権について

今回は、商標法を勉強しようということで、商標権の部分について書いてみたいと思う。   メモ  本カテゴリ「法務道場」では、インハウスとしての法務経験からピックアップした、管理人の独学や経験の記録を綴っています。  ネット上の読み物としてざっくばらんに書いていますので、感覚的な理解を掴むことを目指しているのですが、書籍などを理解する際の一助になれれば幸いです。   商標とは そもそも「商標」というのが、わかるようなわからないような、いまひとつピンと来ないのが、最初の引っかかりであるように ...

商標法

2020/9/25

商標法を勉強しよう|全体像の概観

今回は、商標法を勉強しようということで、全体の目次(全体像の概観)について書いてみたいと思う。   ではさっそく。   メモ  本カテゴリ「法務道場」では、インハウスとしての法務経験からピックアップした、管理人の独学や経験の記録を綴っています。  ネット上の読み物としてざっくばらんに書いていますので、感覚的な理解を掴むことを目指しているのですが、書籍などを理解する際の一助になれれば幸いです。     全体像 まず大掴みにするために、商標法をいくつかの塊に分けてみます ...