弁護士の転職

弁護士の転職物語⑪-ミスマッチ-

弁護士の転職物語は10回で終わるはずだったのだが,ぽつぽつ書きたいことを後から思い出すことも出てきたので,続けて書いていきたい。

 

今回は後ろ向きだがよくある話,というわけで,別に弁護士の転職に限った話ではないが,弁護士の転職物語⑪として,ミスマッチについて書いてみたいと思う。

 

自分がインハウス転職をしたあと2社目にいった理由のひとつに,訴訟管理があまり面白くなかったというのがある。

 

自分が企業内弁護士になる前にイソ弁としてお世話になった事務所は,いわゆる一般民事の法律事務所というやつで,古き良き昔の法律事務所,といった趣の事務所だった。お客さんには個人も企業の顧問もあるが,基本的に依頼の内容は示談折衝,訴訟対応等の紛争処理である。

 

訴訟というのはそれはそれで興味深いし,社会として間違いなく必要な仕組みであるし,やりがいもある。うまくいくこともいかないこともあるが,ある程度,感謝もしてもらえたり,報酬もいただけたりする。

 

しかし,”ああ,俺の人生,よく紛争いっぱい解決したなあ,満足満足”という感じで死ねるか,というと,とてもそうは思えなくなってきて,来る日も来る日も紛争の対処ばかりやっていることがなんだか不毛に思えてきたのである。

 

法律というのは紛争解決のためだけにあるのではないと思っていたので,なにか生産的なこと,生み出すための法務というものはないのだろうか,ということを考えるようになった(もともと,ロースクール時代からインハウスローヤーに興味を持っていた,というのもある)。

 

自分は面接のときにもそういう話をして法務転職をして,予防法務や契約などの仕事もしていたのだが,最初のところは訴訟管理の比率が比較的多かったりして,そういう気持ちで2社目に行くに至った。弁護士だから訴訟管理お願いね,という感じで来られることもあるかもしれないが,自分の方向性がそこにないときは出来れば事前にちゃんと対話しておくべきだと思う(面接のときなどに)。

 

他の人は同じ轍を踏むことのないよう祈っている。なお,訴訟管理については機会があればまた別の記事で書きたいと思う。

 

➢次の記事

弁護士の転職物語⑫ー最初の条件交渉が肝心ー

続きを見る

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職