弁護士の転職

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方③|注意点ー悪目立ちすることはやめておこう

今回も、最初の転職の頃のお悩みに関する記事、職務経歴書の書き方についてです。

 

職務経歴書の書き方については、①内容面、②形式面、③注意点、④採用側から見た景色、の4つの記事に分けて解説したいと思います。

 

本記事は、4つのうち3つめ、③注意点についてです。

 

 

【注意点】悪目立ちすることはやめておこう

例1)長すぎる職務経歴書

長すぎる職務経歴書は、悪目立ちするのでやめておきましょう。

 

自分が見たもののなかでは、7~8ページ書いているものがありましたが、長すぎです。こういったところで特性を出そうとしても、単に悪目立ちするだけなので、損だと思います。日々たくさん見ていく中でそういうものがあると、明らかに浮いている印象を受けます。

 

特別読ませる魅力があるとか、引き付けられるような文章というのも、世の中に皆無ではないかもしれませんが、ほぼ無いといっていいと思います。目指すとしても、リスク高すぎます。

 

普通に2~3ページの職務経歴書と同じような内容が7~8ページぐらい並んでいると、その時点で、この人だめだと感じます。ただただ細かいだけなので、長い業務日誌のダイジェスト版を読まされているような気分になり、申し訳ないですが読む途中でスッ飛ばしたりします。

 

これは私がそういう風に思うというより、おそらく誰でも、多数の例を見る側に回ると、そのように感じると思います。熱意があるなぁ、と言う風には見れないです。

 

ちなみに、職務経歴書の量は、2~4ページが適切だと思います。自分が見る限りでは、分布的に一番多いのは3ページかなと思います。

 

 

例2)変なヒネリの入った職務経歴書

また、目立とうとして変なヒネリを入れるのは、やめておいた方がいいと思います。

 

ざっくりいうと、たとえば、”こういうことを職務経歴書に書くような人もいますが、私は違います!”みたいなことを自己PRに書くとか、アピり方が妙に変な人がたまにいます。

 

んん??みたいに引っ掛かって、”この人やばい人なのかな…”と思ってしまいます。

 

あとは、たとえば、日本語が変な部分の数とか質が、限界突破しているような人ですかね。

 

別に相手に伝わればいい話ではありますが、”限度があるよなあ…この人大丈夫かいな…”と思ってしまいます。

 

例3)メリハリがズレているケース

あとはメリハリがズレているケースですかね。これは悪目立ちというより、なんかもったいないと感じるケースです。

 

これは職務経歴書だけの話ではないのですが、採用側に「こういう分野に技術や素養のある人が来てくれるとありがたいんだけどなあ」という応募者像がある場合、それと違うことを厚く語られても、あまり響かないです。むしろ、求める人物像とはズレていることを、応募者の側から明らかにしてしてしまっている感じです。

 

私個人としては、そういうとき、「この人マジメなのにもったいないなあ…」という感想を持ちます。

 

たとえば面接で、自分が主にしてきたことを厚く語る人(自分が実際に多くやったことなので多く語る人)ですね。まあ、正直に話をしているだけなのだと思いますが…。

 

この部分が話振られるの多いな、とか、アレこの話なんとなく食いつかれている気がするな、とか、相手の反応を見て、ニーズを推測しながら強調していった方がベターだと思います。とはいえ、自分もそんなこと出来るかわからないですけど(汗)。

 

ただ、押したところがズレていると、相手はこういう感じ方をするのだな、と思ったので、書いてみました。あくまで私の感じ方にすぎないので、サンプル少ないですけど。

 

 

結び

というわけで、熱意を示そうとするあまり、変なところで職務経歴書に個性を出そうとするのは、基本的にやめておいたほうがいいと思います。複数の職務経歴書を続けて見ていると、違和感が浮き出ます。

 

悪目立ちをしてしまうと、スキルセットがどうとかいう以前の問題になってしまいかねません。言い方よくないですが、印象面において、入り口で足切りされるような感じです。

 

とはいえ、これを読んで委縮する必要は全くないです。悪目立ちといっても、全体の1割未満、20通見て1、2通あるかどうかぐらいの感覚です。

 

本記事の話は、あくまでも、稀なケースの話と思ってください。採用側に回ると、こういう職務経歴書、というか応募者もいるんだ、と思ったので、一応念のため書いてみただけです。

 

次の記事は、職務経歴書の見られ方、採用側から見た景色について書いています。

 

>次の記事

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方④|採用側から見た景色

続きを見る

 

▽本記事を含む転職ノウハウ記事の一覧|転職活動のロードマップ

【弁護士の転職】転職活動のロードマップ

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職
-,