弁護士の転職

【弁護士の転職】転職活動のロードマップ

Designed by pch.vector / Freepik

本記事では、転職活動に関する記事を一覧でまとめています。

 

最初の転職活動のときは、不安があったり気が重かったりしますが(過去の私)、転職活動といっても、単純にいえば、

Step1 転職エージェントに登録する
 ↓
Step2 職務経歴書をつくる
 ↓
Step3 面接を受ける

そして内定を得る、これだけです。

 

仕組みはシンプルなので、最初の転職活動でも大丈夫です。心配ないです。

 

転職活動の流れと応募者側の作業

応募者側の作業としてやることは、以下の3つだろうと思います。

 

【作業は3つ】

①転職エージェントへの登録(※任意だけど事実上必要)

②職務経歴書の作成

③面接の準備

 

転職活動の流れに沿って位置づけると、以下のような感じです。

 

【転職活動の流れ】

<登録>

 転職エージェントへの登録(作業①)

 ↓

<応募・書類選考>

 職務経歴書の作成(作業②)=スキルの棚卸しをする

 ↓

<面接の準備>

 面接の準備(作業③)

 ⅰ 転職の一貫性を言語化(転職の軸をつくる)

 ⅱ 転職の一貫性を踏まえたFAQの作成

 ⅲ 会社情報の調査

 ↓

<面接>

 ↓

<内定>

 

当ブログの転職記事

この流れに沿って当ブログでは個別の転職記事を書いています。

 

興味のある方には、流れで読んでもらったり、関心のあるところをピックアップしてもらったりして、何かの参考になれば幸いです。

 

step
1
<登録>

転職エージェントへの登録

ⅰ 分野特化型のエージェント

【独断と偏見】あえて2択!弁護士転職のエージェント選び|転職のFase1(分野特化型エージェント)

続きを見る

 

ⅱ 一般型のエージェント

【弁護士の転職】転職エージェント選びのFase2|一般型エージェント

続きを見る

 

ⅲ 新しい転職サービス

【弁護士の転職】転職エージェント選びのFase3|新しい転職サービス

続きを見る

 

ⅳ 補足知識(エージェントの報酬構造など)

【弁護士の転職】転職エージェントからの応募者の見え方|エージェントの報酬構造、料率など

続きを見る

 

step
2
<応募・書類選考>

職務経歴書の作成=スキルの棚卸しをする

ⅰ 内容面

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方①|内容面ー最初の転職時の悩み

続きを見る

 

ⅱ 形式面

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方②|形式面ー絵的な美しさを意識しよう

続きを見る

 

ⅲ 注意点

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方③|注意点ー悪目立ちすることはやめておこう

続きを見る

 

ⅳ 採用側から見た景色

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方④|採用側から見た景色

続きを見る

 

step
3
<面接の準備>

ⅰ 転職の一貫性を言語化(転職の軸をつくる)

【弁護士の転職】面接の準備①|「転職の一貫性」(転職ストーリー)を言語化する

続きを見る

 

ⅱ 転職の一貫性を踏まえたFAQの作成

【弁護士の転職】面接の準備②|FAQ(想定問答)の準備

続きを見る

 

ⅲ 会社情報の調査

【弁護士の転職】面接の準備③|会社情報の調査

続きを見る

 

step
4
<面接>

▽ 転職面接の進み方・回数

【弁護士の転職】転職面接の進み方・回数など

続きを見る

 ↓

step
5
<内定>

Congratulation!!!\(^o^)/

 

【参考】ハイレイヤー転職/外資系インハウスローヤーへの転職

自分はハイレイヤーに絞った転職や外資系は未経験なのですが、そういったものにも詳しそうな、オススメのブログを紹介します。

 

▽ 転職キャリアルール / にゃんがー

転職キャリアルール | 外資系弁護士サラリーマンによる転職術
転職キャリアルール | 外資系弁護士サラリーマンによる転職術

www.career-rule.com

 

外資系企業勤務の弁護士サラリーマンで、3回転職して法律事務所、日系企業、外資系企業の4社に勤務されている(←プロフィール欄より)、にゃんがーさんのブログです。

 

全部読んでいるわけではないし、自分の体験してない領域なので、肌感としてはよくわからない(なので、あくまでご自身で判断してほしい)のですが、内容もデザインも好きなブログです。

 

ハイレイヤー転職/外資系インハウスローヤーへの転職などにご興味の方は、一度見てみられてはいかがでしょうか。

 

結び

転職のロードマップ(当ブログの転職記事一覧)は、以上になります。

 

ちなみに、だいぶ昔になりますが、「弁護士の転職物語」というタイトルで全14回の連載記事を書いたこともあります。

▽ 弁護士の転職物語

弁護士の転職物語①-転職活動の開始-

続きを見る

 

何かの参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職