弁護士の転職

【独断と偏見】あえて2択!弁護士転職のエージェント選び|転職のFase1(分野特化型エージェント)

過去記事では転職話のアクセスが多かったので、もう少し詳しく転職について書いていきたいと思います。

 

最初の転職だと、まず、①応募する会社(or事務所)をどうやって探すか? 次に、②エージェントを利用して探すとして、どのエージェントを選んだらいいのか? と、迷うかもしれません。

 

ググればわかることかもですが、リアルな体験を交えて、独断と偏見でお伝えしたいと思います。

 

①会社をどうやって探すか?

基本的には、やはりエージェントを利用した方が効率的です(下記表のⅲ)。自分で企業の採用ページをひとつひとつ探すとかは、忙しい実務をこなしながらするのは、実際上ほぼ無理ではないかなと思います。

 

探す方法は3通り

探す方法としては、以下の3通りがあるわけです。ⅰからⅲにいくに従って、他人からサポートを受ける割合が増えるような感じですかね。

 

方法 内容
ⅰ自力で探す 誰の力も借りず完全に独力で探す。 ひとつひとつの企業・事務所の採用ページを見に行く、友人知人のツテをたどる など
ⅱ転職サイト型サービスを利用する 転職サイトに登録して、当該サイトに登録している企業・事務所の中から自分で応募したい先を探す リクナビNEXT、ひまわり求人求職ナビ など
ⅲ転職エージェント型サービスを利用する エージェントが応募先企業・事務所の候補を紹介してくれる。その中から選んで応募する 本記事をご参照

 

ⅱサイト型とⅲエージェント型の違いが、最初はわかりにくいと思いますが、要するに、サポートに人(=エージェント)が入るかどうかの違いです。 

 

エージェント型というのは、「この会社どうですか」「そうですか、では他にこんな会社はどうでしょう」といったように、エージェントが案件を向こうから紹介してくれて、応募先との連絡役もやってくれる、というものです。

 

これに対して、サイト型というのは、サイトに登録して、当該サイトに登録している企業・事務所に応募する、というものです。要するにプラットフォームですね。エージェントのように向こうから案件を紹介してくれるのではなく、あくまでも自分で応募先を探す、応募も自分でする(サイトを使って)、ということになります。

 

「ひまわり求人求職ナビ」のサービスもどうなんでしょうね(日弁連が運営する弁護士・修習生専用の求職システム)。私は使ったことないので何ともいえませんが、個人的には、一目見てパッとしなかったので、利用を考えませんでした。

 

それぞれの方法の特徴

繰り返しになりますが、基本的には、エージェントを利用した方がいいです。働きながら探す場合、あまり応募先探しに手間をかけられる余裕がないためです。

 

ただ、エージェント型は、成約したときに企業側から成果報酬を受け取る、というビジネスモデルであるため(応募者側は、普通、無料で利用できる)、成約できそうになったら、畳みかけてくる人も多いです。候補企業の紹介も、次から次へと紹介してくるエージェントサービスもあるので(エージェントサービスごとにある程度個性がある)、必ずしも「マイペースでやる」という感じとは限りません。

 

なので、マイペース一徹!という人は、サイト型でもいいのかもしれません。これは、マイペースで出来る一方で、探すのは自力、ということになります。一長一短、という感じですかね。

 

また、あまりこういう人は多くないと思いますが、自分で一本釣りしたい特定の会社あるいは業界が決まっている!とか、友人知人のツテで行く場合は、「自力で探す」でもいいんでしょうね。

 

ただ、実際には、①忙しくて自分で探す余裕がない、②ピンポイントで行きたい会社や業種が決まっているわけではなく、転職活動しながらそこも考えていきたい、という人が多いと思いますので、基本的にはエージェント型になる、ということです。もちろん私もそうでした。

 

私の場合

私の場合は、「弁護士」「転職」でGoogleで検索して、当時、TOP2的にヒットした2社のエージェントサービスに登録して、転職活動をしました。当時は、ⅰ~ⅲの3つの方法があるのだということもわかっていませんでした(なので、別にわかっていなくても出来ます)。

 

とにかく、検索して、エージェント??ふーん??みたいな感じで、あまり考える時間や余裕もなかったし(当時イソ弁で余裕なし)、周りに同じようなことを考えている人もいなかったので、一人で突撃していくような感じでした。

 

②どのエージェントがいいのか?

では次に、どのエージェントがいいのか、ですが、ググって探すのが一番だと思います。が、それでは記事を書いていてつまらないので、決めきれない人・勇気が出ない人のために、あえて2択でプッシュしたいと思います。

 

あえて2択! 

その2社とは、

MS-Japan「C&Rリーガルエージェンシー」

です。

 

この2つはいわゆる分野特化型のエージェントです。MS-Japanは士業括り、C&Rは法律家・法務部括り、ですかね(大雑把にいうと)。

 

私が最初に転職したときは、とりあえず検索して出てきたこの2社に登録しました。その後、無事決まったので、間違いではなかったと思います。話しやすかったですし、サービス内容も良かったです。こんなサービスが無料で受けられるんだ、と当時は若干感動すらしていました。

 

ちょうどこの2つは、サービス特徴が対になっている感じなので(←注:管理人の独断と偏見です)、後から振り返ってみても、組み合わせとして良かったのではないかと思います。

 

MS-Japanは、応募者側には担当者はつかない、バンバン案件が飛んでくる、C&Rは応募者側に専属の担当者がついてくれる、丁寧に考えてくれる(ただ、その分、やや紹介スピードが落ちる)という感じ、でした。表にするとこんな感じ(個人的感想)。

 

  エージェントの付き方 案件紹介のイメージ スピード感など
MS-Japan 応募者側には担当者はつかない(各会社に担当者がいるのみ)。 ゆえに、各会社の担当者(つまり複数人のエージェント)とコミュニケーションをとる必要がある。 各会社の担当者から、案件がバラバラに、バンバン飛んでくる。 バンバン飛んでくる、とにかく早い。案件の種類にはバラつきがある。 他方、色んなエージェントとコミュニケーションをとる必要があるのでちょっとしんどい。 案件にバラつきがあるのは目を通すのがめんどい一方(徒労感)、意外な出会いもあったりするので良し悪し。
C&Rリーガルエージェンシー 応募者側に専属担当者がついてくれる。 ゆえに、この担当者とのみコミュニケーションをとればOK。 専属担当者が自分の職務経歴に合うと思う案件を紹介してくれる。 案件を練ってくれているのか、統一感があり丁寧な印象。専属担当者とのみコミュニケーションをとればいいので、コミュニケーションが楽。 他方で、スピード感はやや落ちか。 また、一人の専属担当者が選んでくれる分、志向性が合うか合わないかが重要になってくる。これも良し悪し。

 

今だったら 

今だったらこれに弁護士ドットコム(弁護士ドットコムキャリア)を足すことを検討しますかね。私が転職した当時は、同社はまだこの分野に進出していなかったと思います。

 

話が逸れますが、最近、弁護士ドットコムの事業多角化が顕著ですよね。クラウドサイン(電子署名)とか、BUSINESS LAWYERS LIBRARY(法律書籍のサブスク)とか。リーガル関連サービスのコングロマリット、のようなものを目指してるんでしょうか(SBIが「金融コングロマリット」を称しているのを連想します)。

 

”リーガル関連サービスと言えば弁護士ドットコム”みたいに、楽天経済圏のような丸抱えプラットフォームというか、「ここ行けばリーガル関連サービス全部用意できる」みたいなものを目論んでいる感じがします。

 

もはや単なる弁護士マッチングサービスのイメージを超えつつありますね。ただ、私自身は現時点ではどれも利用したことがないので、あまり具体的に話せる話題がありません。

 

③結び

以上が、振り返ってみると、自分の転職経験のFase1だったと言う感じです。

 

その後は、エージェントとのコミュニケーション、応募、面接、内定へと進んでいきます。シンプルに言ってしまえばそれだけではあります。

 

何をそんな当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、ただ、最初は未知のものって怖いものです。当時、自分の周りには同じことをしてる人は1人もいなかったので、ある意味孤独でした。今は自分の時よりもっと一般的なのかもしれませんが、身近にそういう人がいるかどうかはまだまだ心もとないですし、少数派なのではないかと思います。

 

この転職話は、過去の自分に向けて書いていますので(当時の自分としてはこういうことを教えてくれる人がほしかった、という人になろうとしている感じ)、初歩的と感じる方はご容赦ください。

 

徐々に転職活動に慣れていく過程を、Fese2、Fase3として書いていきたいと思います。私は転職活動を3回やっているのですが、ちょうどそれに対応する感じです。

 

>次の記事

【弁護士の転職】転職エージェント選びのFase2|一般型エージェント

続きを見る

 

▽本記事を含む転職ノウハウ記事の一覧|転職活動のロードマップ

【弁護士の転職】転職活動のロードマップ

続きを見る

 

管理部門特化型エージェント MS-Japan

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職
-,