弁護士の転職

【弁護士の転職】転職エージェントからの応募者の見え方|エージェントの報酬構造、料率など

今回は、転職エージェントから応募者というものがどういう風に見えているのか、ということを書いてみたいと思う。

 

もちろん、管理人自身にエージェント経験があるという意味ではない。応募者としての何度かの転職活動と、採用側での採用活動で見聞きしたものである。ただ、実際のところ、だいたいの情報はググれば出てくるので、もし余裕があれば検索して調べてみてもいいと思う。

 

最初の方の転職活動では、そこまで気が回らないことが多いと思うので(少なくとも自分は回らなかった)、この記事で書いておきたいと思う。

 

 

エージェントの立ち位置

エージェントは、一般的に、内定が出たら(あるいは出そうになったら)畳み掛けてくる人が多い、といわれる。畳み掛けてくるというのは、内定承諾を勧めてくるという意味である。

 

自分の感覚としても、まあ特に違和感はない。畳み掛けてくるエージェントもいる、というよりは、どちらかといえばそっちの方が相対的には多い、という印象である。

 

これはどうしてかというと、成約時に、エージェント側に会社からお金が出るようになっているからである。

 

つまり、応募者は無料でエージェントサービスを利用できる一方(職安法でそうなっている)、エージェント会社には、成約時に=つまり内定&内定承諾時に、報酬として、企業側からお金が出るようになっている(エージェントフィー)。

 

なので、応募者というのは、転職エージェント側からすれば、いわば成約時にお金を生む金の卵なのである。お金自体は、企業から出るのだが。

 

 

エージェントフィーのレート

では、どれぐらいの金の卵なのか?というと、普通だいたいは、想定年収の30%がエージェントフィーとなる。

 

けっこう高い金額だな…!と思わないだろうか(自分はそう思った)。年収500万円なら150万円、年収700万円なら210万円、年収900万円なら270万円が、だいたいエージェントの売上になる。転職市場が活況になればそりゃ儲かるわな、と思う。

 

自分がたとえば年収600万円でインハウス転職したとき、転職先の企業は、自分に対する給与以外に、自分を獲得するために180万円をエージェント会社に払っているのである。そう思うと、おおっ、けっこうお金払ってるんだな…ってならないだろうか(自分はそう思った)。

 

ちなみに、雇用だけではなく、業務委託(=委任、準委任)の仲介についても同じ契約書で規定していることがあるが、そのエージェントフィーも一般的には同じである(想定金額の30%がエージェントフィー)。

 

あと、代表取締役などトップ層の関与も通じて特別に招いた人材(ハイレイヤー人材)のような場合は、別の話(別のレート、もちろん高レート)になることも多い。

 

 

応募者側からみるべきエージェントの見方

なので、応募者としては、こういった構造を知っておいたうえで、ある程度冷めた目でみるというか、エージェントの言うこともちょっと差し引いて聞きながら、自分のペースを乱されないようにした方がよいと思う。

 

もっとも、乗っかってうまくいくときもあるだろうから(勢いが大事なときもある)、一概には何ともいえないけれど。

 

ただ、押しが強すぎるというか、内定承諾を無理強いしてくるようなエージェントは、一般的にはいいエージェントとはいえないと思う(少なくとも応募者側から見て)。

 

そういうエージェントは、応募者のキャリアや企業とのマッチングよりも、自分の成果を優先しているわけなので。

 

ちなみに、同じエージェントサービス内で別のエージェントの案件も進行中であったところ、その競合をややディスしてきたようなエージェントにも出会ったことがあるが、真偽はわからないものの、個人的には印象悪かった。
「他ディス戦法」を使う人はエージェント云々より人として信用がおけないと思う)。

 

また、「とにかく応募してみましょう」というエージェントが多いのも、基本的には同じ理由である。とにかくたくさん応募してもらった方が、内定率も相対的に上がるからである。

 

つまり、エージェントは、その立ち位置上、転職活動の入口(応募の時点)出口(内定が出た時点)で、基本的には応募者をアオってくるのである。

 

とにかくたくさん打たせて(応募させて)、内定が出たら畳みかける(内定承諾を勧める)というのが、エージェントが売上を増やすための基本的なやり方になる。これは、道徳的にどうとかいう話ではなく、構造的にそうなっているという話である。

 

もちろん、本当に良かれと思ってやっている人(勧めている人)もいるだろうから、一概にはいえないのだが、一定程度、応募者側でも差し引いて聞いておいた方がよいのではと思う。

 

 

マッチングが悪い方が都合がいい?

さらに邪推すれば、むしろある程度の期間で退職してくれた方が、また転職市場に戻ってくる可能性があるわけだから、また金の卵になるかもしれないわけで、実際にそこまで悪い動機をもっている人がどれほどいるかは別にして、マッチングが良くなくてもエージェント的にはそこまで気にする理由がない…という面もなくはない。

 

構造的にそうなっていることは一応、転職の初期でも知っておいた方がいいと思う(自分は知らなかったので、参考までに書いている)。

 

もちろん、そんなことはエージェント企業としての信用を失うのでそんなことしません、長期的に信用を失うことになります、ということをサービス側からすればいうと思うが、”一定期間後の退職率”みたいなものは表に出ないので、実際のところダメージは大きくないというのが実態であるようにも思える。

 

あたかも一定期間で壊れてくれないと新しい製品が売れないという製造業と同じような論理だが、そういう感じのものも実際問題としてはあるかも?ということである(もちろん個人的見解です)。

 

なお、こういった点に対して何もペナルティがないというわけではなく、一定期間内での早期離職の場合には、エージェントフィーを一定率で返還する定めが契約書にあるのが通常である。

 

 

結び

実際に個々のエージェントの方々がどのように思いながら活動しているのかは別にして、こういった構造は知っておいた方がよいと思う。

 

なお、鷹揚なエージェントや、長期的視点からアドバイスしてくれるエージェントもいるので、当然の前提だが、エージェントにもいろいろな方がいる。逆に本記事を見て、そんな強引な人ばかりなのか…とかは思わないでほしい(汗)。

 

ちなみに自分でいうと、昔は、さすがにエージェントの報酬がどこから出るのかぐらいは知っていたが、料率とかは知らなかった。

 

なお、ググれば出てくる情報なので、調べ不足といってしまえばそれまで…汗。ただ、最初の転職活動のとき(法律事務所→インハウス)は、慣れないのと、事務所の仕事をこなしながらになるので、非常にきつい(自分はそうだった)。なので本記事で書いてみた。

 

誤解しないでほしいのだが、別にこの構造が悪いと言っているわけではない。構造を知っておいたうえで、リスクをコントロールしながら(良い意味で自分を中心に置いて、振り回されず)利用するのが良いと思う、という意味です。自分もこれまでお世話になっているわけですし。

 

というわけで、本記事は、エージェントが、とにかく応募してみましょうよ、と言うことと、内定が出れば内定承諾を勧めてくる(畳み掛けてくる)ことの構造的要因という話でした。

 

さて、転職エージェントに登録したら、次は、応募書類として「職務経歴書」と「履歴書」を整えていくことになります。

 

>次の記事

【弁護士の転職】職務経歴書の書き方①|内容面ー最初の転職時の悩み

続きを見る

 

▽本記事を含む転職ノウハウ記事の一覧|転職活動のロードマップ

【弁護士の転職】転職活動のロードマップ

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職