インハウスあるある

【転職後の話】インハウスあるある|「働かないおじさん」との出会い

今回は、法律事務所からインハウス転職する場合、企業の側で「働かないおじさん」を見つけると、ちょっとびっくりするかもしれない、という話を書いてみたいと思う。

 

そういう衝撃の出会いがあるかもしれないことと、働かないおじさんたちの言い分というか弁解というか、そのロジックについて考えてみたい。

 

インハウス転職後、もしも「何じゃコイツ」と思う中間管理層に出会ったときに、あなただけじゃないんだよ…と思ってもらえれば幸いである。
(もちろん、遭遇しないに越したことはない。)

 

 

法律事務所との違い

法律事務所は、当然、自営業だし自由業なので、ボス弁も含めて「働いている」というところが多いのではないかと思う。
(ブラック色の強い事務所や、事務局に任せっきりのような、問題あるやり方は別にすれば。)

 

基本的には、ボス弁も含めて、自分が稼がなければ、お金が入ってくることはない(顧問料だって、稼いでいるのだといえる)。

 

しかし、会社はたくさん人がいて、自分が動かなくても稼いでくれる人が他にいるので、とりあえず働かなくてもお金がもらえるのである。

 

まあそうだよね…というのは話で聞けばわかることではあるが、実際に会社にいって目にしてみると、けっこうな衝撃だったりするかもしれない(自分はそうだった)。

 

で、そういう人がしばしば口にするロジックがある。

 

モヤっとするかもしれないので、本記事であらかじめ「ふーん」と思っておけば、あるいは多少マシになるかもしれない。

 

 

働かないおじさんのロジック

そのロジックとは何か?

 

それは、「マネジメントは手を出しちゃダメなんだ」というやつである。

 

なるほどたしかに、一見もっともらしく聞こえる。それ自体は、一般論としてもよく耳にする。よくできるプレイヤーほど、マネジメントになったとき、「部下にやらせるより自分がやった方が早い」とかいってやってしまう傾向もあるからだ。

 

それでは部下は成長しない。マネジメントの本当のミッションは、自分でやることではなく、人を育てることだ。

 

だから、マネジメントはむやみに手を出さない方がいい、というか、なるだけ動かない方がいいのだ。なるほど。

 

でも、「働かないおじさん」みたいな人がこれを言った場合、ちょっとモヤっとしないだろうか?笑 うまいこと誤魔化されているような。

 

 

働かないおじさんとマネジメントの違い

そこで、では、ちゃんとしたマネジメントと、働かないおじさんの違いは何か?ちょっと考えてみたい。

 

違いは、たぶん以下のようなところに出るのではないかな、と思う。

 

こういったところが見られたら、「イヤそれただの働かないオッサンでしょ」とツッコんでおけばいい(そのまま口に出しちゃダメだけど笑)。

 

① 知識がない(ちなみに意欲もない)

 

働かないおじさんの場合、その人自身には、その部署の責任者として持っておくべき知識はないので、コーチングとかはできない。アドバイスやサポートにも回れない。

 

一方、ちゃんとしたマネジメントであれば、あくまでも「あえて」手を出さないのであって、必要があればサポートに回ったり、アドバイスすることができる。

 

② 人的リソースの適切な配分をしない

 

働かないおじさんの場合、人的リソースの適切な配分をしない。ひたすら、仕事を捌ける(はける)人に、仕事を振り向け続ける。

 

なぜかというと、仕事しない人にやらせるのはめんどいからだ。やってくれる人に振り続けた方が、マネジメントとしてはラクである。

 

なので、ものすごく動いている人と、ものすごく動いていない人がいるカオスな職場が出来上がる(たぶん、そういう職場ってけっこう多いと思う)。

 

一方、ちゃんとしたマネジメントであれば、ある程度負担の分散を考えつつ仕事を振り分ける。

 

ただ、この部分については、自分がそうなってみると、気持ちは若干わからなくもない。あまり熱心でない人は、どうやってもあんまり変わらない感じはしないでもない(マネジメント的な力不足か汗)。

 

③ 上司への報告のときだけ異常に聞きに来る

 

働かないおじさんの場合、ふだん動いていることが何なのかあんまりよくわかっていないので、いざその上の上司に自分が直接報告する必要が出てきた場合、異様に聞きにくる。

 

一方、ちゃんとしたマネジメントであれば、ある程度は案件をモニタリングしているので、なにか話をまとめるときにも一定程度の補足で足りる。

 

 

働かないおじさんの行動原理

働かないおじさんの場合、とにかく自分は何もしないことと、仕事がちゃんと動くことを優先するので(この2つが行動原理。つまり、仕事の回避と責任の回避である)、上記のような行動になるのだろうと思う。

 

でも、働かないおじさんは頭が悪いのではない。頭がいいのだ。報われない努力をやっても仕方がないから(長いこと会社にいて上限が見えている)、労力を削減することによってコストパフォーマンスを上げているのだといえる。

 

上限が決まっている場合、コスパを上げるにはこれが唯一の解となるので、生物として正しい行動をとっているといえる。だから社会にいっぱいいる(いた?)のだろうと思う。

 

また、時期的に、日本社会の貯蓄があったので、それでやっていけたからというのもあったのかもしれない。

 

 

結び

ちょっとディスりすぎたかも?苦笑
また、もし不愉快になった方がおられたらすいません。

 

まあ、働かないおじさんの分布は、保守系大企業に寄っている(と思う)ので、業界によりまた会社により、見なくて済むことも多いと思う。

 

運悪くそういう人に出会ってしまい、「マネジメントは手を出しちゃいけないからさ」といった話を聞いたときに、「ん?」となる人もいる(いた)かもしれないので、そのモヤっと感を解消する一助になれば、と思って書いてみました笑。

 

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-インハウスあるある