弁護士の転職

弁護士の転職物語⑩-弁護士業界のもう一つの変化-

弁護士界に起きていると思う2つめの変化を挙げたい。

 

転職活動をするなかでいろんな弁護士に会ったが,別に世間で有名になっていなくても,従来なかったような多様な働き方を切り拓いている弁護士が数多くいる(単に自分がこれまで知らなかっただけという可能性もあるが)。

 

例えば,もともとある業界で働いており,その後ロースクールに行って弁護士になり,途中,公認会計士にもなり,別業界のインハウスにもなって,最終的にその元々いた業界に特化した弁護士として独立し活動している人。
(どういうイメージでそのように活動してこられたんですか,と聞くと,「その都度必要と考えることをしていたら自然とそうなった」とサラりと仰っていた。とてつもなく頭が良く,ゾッとするほどだった。でも性格が冷たいとかそういう意味ではなく,とてもフランクだった)。

 

また,法律事務所以外にベンチャーキャピタルを運営しており,もう稼がなくても大丈夫な人なのに,”ついつい深く付き合っちゃうんだよね。”といいつつ,顧問先に対し財務レベルのファイナンス(つまりデューデリではなく,財務レベルの数字の作り込み)もやってしまうような人。

 

そのほか,税理士のインハウスで,従来型の記帳代行や税務申告という業務よりもビジネススキームが組みたくて,税務の知識を活かしつつ最終的にコンサルタントになっている人。

 

などなど。

 

彼らに共通するのは,異常に柔軟な感性を持っていること,士業の知識経験以外にもプレイヤーとしての専門分野を持っていること,及び,それゆえに平時の世界に深く入り込んでいること,である。

 

そして,これは期の古さとか戸籍年齢の若さとかそういう問題ではなく,個々人の問題であり,若いから柔軟だとか,ベテランだから固い,いうことではないらしい。たとえば鳥飼総合法律事務所の鳥飼先生など,著作やメルマガなんかを拝見すると,ベテランでかつ社会的地位も確立された方であるのに,とても感性が柔軟であると感じる。

 

さて,ここから見い出せるこれからの弁護士のひとつの方向性は,

「法律以外にプレイヤーとしての専門分野を何かひとつ身に付けて,依頼者に極めて近い距離で紛争処理以外のサービスを提供する」

ということであると思う。これを2つめの変化と捉えたい。

 

これは,顧客流入ルートの変化ではなく,弁護士が担うべき機能の変化である。

 

彼らは,インハウスが担うべき機能を,外側から提供しているように思える。願わくば自分もそうなりたいものである。

 

➢次の記事

弁護士の転職物語⑪-ミスマッチ-

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職