弁護士の転職

弁護士の転職物語④-面接で大事なこと-

前回,「何で今のところやめるんですか?」という質問が重要であると書いたが,もうひとつ,面接において大事だと思うことを書きたい。

 

それは,

「ありのままの自分を見せるのは良いことではない」

ということである。

 

言い換えると,面接のときに聞かれた質問に対して,自分の思うところを正直にありのまま答えればそれでいい,というのは,面接に対する良い臨み方ではない,ということである。(異論もあるとは思うが。)

 

「ありのままの自分を見せる」というのは,いわば料理に例えると,泥も落とさず火も通していない野菜を相手に食わせるようなものである。

 

ちゃんと洗って,煮たり焼いたりして,味付けもして,相手に出す必要がある。

 

つまり,泥を落として(弱い部分をフォローして),煮たり焼いたりして(十分に全体を整理して),味付けもして(相手に響きそうな評価を加えて),相手に出すべし,ということである。

 

なお当然のことながら,「答えを捏造してでも面接をパスすべし」などと言っているわけではない。

 

料理の素材は事実である。そうでないと迫力が出ないし,用意外の質問に答えることができない。

 

具体的には,要するにFAQを考えていくべし,ということである。
(ちなみにFAQとはFrequently Asked Questionsの略であるらしい。よくある質問のこと。)

 

転職の面接でのやり取りをイメージトレーニングしていくと,必ず1つや2つ,自分にとって苦しいところがあるはずである。
(一貫性の不足,過去の職歴の整合性,そこはアナタのワガママじゃないの?と思われそうなところ等)

 

しかし,「自分はこうしてきました。そしてこれからはこうしたいんです。だから御社に行きたいのです」というのを他人にもわかるように,しかも毅然と表明しなければならない。

 

そのためには,事実をベースに,弱いところはさらっとフォローしつつ,いくつかの質問に対して整合性が破たんしたりしないように準備しておかなければならない,と言いたいのである。

 

これを自分で見出すのはかなり大変だが(他人に相談してわかることではない),よくよく考えていくと,自分でも気づかなかったような一貫性が見い出せる。

 

一人の人間が考えながら人生を送っているのだから,パッと見ではブレているように見えるところがあっても,必ず何かの想いがそこにあるはずである。

 

他方,応募先企業の立場にたってみた場合でも,応募者と行う面接のやり取りがある程度準備された「お約束含み」であることは,おそらく面接担当者もわかっているはずである。
(面接担当者も場数を踏んだプロなのだから。)

 

この人はすべてをありのまま正直に述べている,と思っているはずはなく,一定程度デコレーションされた答えであることは承知のうえで,面接のやり取りをしているのである。

 

FAQを事前に考えているな,と感じさせる受け答えをすることは,仕事においても重要な「お約束どおりのステップ」を踏めるということでもある。

 

逆の人と,一緒に仕事をしたいとは思わないだろう。

 

つまり,仕事に絡めていえば,答えの内容以前に,「事前に質疑を考えて答えを準備していないという脇の甘さ」が問題視されるのである。

 

ちなみに,こちらも慣れてくると,「この人,質問の仕方うまいな!」とか,「この会社は人事専門の担当者がいないんだな…」とか,担当者側の観察というか,悪くいえば値踏みみたいなこともできるようになってくる。
(2回目の転職活動の最後の方にはそういう状態になった。)

 

また,法律事務所の面接だと,弁護士が恐ろしいほど的確に質問をしてくる(つまり人事部がしてくるような質問を網羅的にしてくる)ことがあり,この人はすごい,きっと依頼者との打ち合わせでもこんな風に的確な聴き取りをしてるのだろう,と思う人に出会うことがある。
(自分も弁護士なのだが…。)

 

それで,FAQを考えるということについてだが,これはけっこう時間がかかる。

 

困るのは,現在の仕事を続けながらこれら質問に対する答えを練っていると,現在の仕事に対するモチベーションが驚くほど急激に下がっていくことである。
(なんせ,「なぜやめるんですか?」に対する答えを練っているのだから。)

 

それでも仕事はきっちりやらねばならないし,転職活動が一般にしんどいとされるのは,転職活動が,メンタルに対してこういう歪みをもたらす性質を必然的に持っているからかもしれない。

 

いろんな人がいるとは思うが,自分は,転職活動は期間を決めてガッとやるものだと思う。

 

現在の仕事を続けながら長期間活動するのは,大変にストレスである。

 

ちょっと話がそれた。

 

➢次の記事

弁護士の転職物語⑤-インハウス転職のネガティブ面-

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-弁護士の転職