法律コラム

感覚でわかる法令入門-なぜいちいち「第○条」の「第」ってつけるの?

感覚でわかるシリーズ。

今回は,
条文を引用するときに,なぜいちいち「第〇条」の「第」ってつけるの?
です。

「民法第94条第2項」とか,いちいち「第」ってつけるのめんどくさい!「民法94条2項」でいいじゃん!って思いますよね。

答えは簡単。条文には”枝番号”というのがついているときがあって,その条文を引用するときに,「第」ってつけないと困るからです。

どういうことかというと,「刑事訴訟法第37条の3第2項」と引用したいときに(⇐この37条の3,のうち,「の3」という部分が枝番号です),第がないと,

37条の3 2項

のようなビジュアルになってしまいますよね。
んん!?結局何項なんだこれ!?間違ってない!?と,読み手は困惑・ドギマギしてしまうでしょう。

とはいえ,枝番号がない場合は「第」って書いても実益ないので,省略したくなりますし,正式な文書以外では省略していることも実際は多いかと思います。自分もそうですね~。

ちなみに,条文を引用するときに記号的に書く場合には,「条」を数字,「項」をローマ数字,「号」を丸数字にすることが多いですね。

例えば第37条第1項第1号だと,「37Ⅰ①」のように表記します。

特にルールがあるわけではないんですけどね。見た目にわかりやすいと思います。

以上,感覚でわかるシリーズでした。

※感覚でわかるシリーズは専門的・学術的正確さを目指したわけではないので,正確な理解については他の文献等を参照されるか,身近な専門家にご相談ください。

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-法律コラム