法務総論

法務で土台となる法律は?勉強はじめるならここから|民法・会社法・金商法

今回は、法務部でそもそもの土台となる法律分野は何か?トレーニングしておいた方がいいと思うことを解説したいと思います。

 

もちろん、業界ごとに違いますし、会社ごと・また規模により、必要な法律分野は異なります。ただ、それを踏まえても、共通する根っこの部分です。 

 

法務以外から突然法務に異動になった、一般民事系の法律事務所からインハウス転身した弁護士だが、どこから適応すればいいのか取っ掛かりがよくわからない(←過去の私です)、といった人におすすめです。

 

もちろん、自分の心の赴くままにするのが一番ですが(別に必ずしも法律の勉強である必要はないですし)、ここでは、とりあえずやっとくべき法律、という観点から書いています。

 

サクッと結論 

さて、結論から言ってしまいますと、民法・会社法・金商法の3つです。

 

規模に応じて以下の表のように3段階に分かれ、民法・会社法・金商法の順に増えていきます(←この部分が、この記事で一番言いたかった部分です)。

 

なお、「個人」の行のところは、会社の人には関係ないですが、全体観を出したいので書いています。

 

規模感 民法 会社法 金商法
上場会社
中小会社
個人

 

シンプルな結論です。以下、若干ですがどんな風に必要か解説します。

 

民法

民法は、直接その知識だけで解決できる事は少ないのですが、何だかんだいって極めて広範囲で顔を出すので(特に契約ですね)、やはり根っこの部分、として必要になります。

 

民法自体の説明は長くなるのでここでは省略します。ここはインハウス転職の人には説明不要かなと。

 

法務への異動の人には、「ビジネス法務検定」を利用してトレーニングすることをおすすめします。もちろん、実戦で学ぶ派の人はそれでもいいです。

 

職場にこの検定(2級)をとっている人がいましたが、普通に法律の会話できました。法務の人ではなかったので(かつ法学部出身でもない)、この人何でこんなこと知っているんだろうと思いましたが、自主的にこの検定をとったということでした。

 

私自身はこの検定を勉強したことはないのでよくわかりませんが、必要な範囲でスムーズな意思疎通が可能でしたので、ビジネスで必要なベースをつくるのに有用と思われます(その人が優秀な人だったという可能性もありますが)。

 

会社法

会社法は、弁護士でも、一般民事系の事務所に所属していた場合は、ちょっとご無沙汰になっている人もいると思います(私は若干そうでした)。

 

法務に入ってからでも、入った後でも、会社や法務の状況に応じて、必要な部分をかじり取っていくことをおすすめします。

 

例えば

・株主総会や役会(取締役会etc)など会議体の取り回しが必要な場合は(法務の業務分掌になっている場合です)、

 →機関の部分など

・ファイナンスやM&Aがしばしば行われる会社の場合は、

 →株式や資金調達の部分など

・企業グループを形成していて合併・分割などが多い会社の場合は、

 →組織再編の部分など

ですね。

 

法務への異動の人は、上記のビジネス法務検定で会社法もトレーニングできると思います。

 

金商法(金融商品取引法)

金商法は、上場会社の法務に行く場合は必要です(そうでなければ不要です)。

 

金商法は、大雑把にいうと、①開示規制、②業規制、③市場規制、④不公正取引規制、の4つに分かれますが、上場会社として一般的に必要になるのは、①開示規制の部分と、④不公正取引規制とりわけインサイダー規制の部分です。

 

この分野を主戦場としているのは、通常、法務というより、IR・財務ですが、法務でも必要になる場合があります。また、インサイダー規制についてはダイレクトに法務の担当としている会社もあるので、その場合は直接担当部署として必要になりますね。要は、業務分掌によりけりです。

 

また、上場会社の場合、四半期や年間サイクルが金商法に沿って動いていきますので、仮に法務で直接触れることがなかったとしても、会社法と併せて金商法をある程度見ていないと、普通の業態の理解が遅れると思います。

 

 

結び

私自身は、一般民事系の事務所(で、会社法務もあるけれど割合は少ない)というところからのインハウス転身でしたが、当時、この大局観はありませんでした。

 

その後、3社ほど法務をやってみて、上場会社や20~30人規模の会社の双方を経験しまして、振り返ってみると、大枠ってこうなっているなーという肌感覚です。当然のことといえば当然のことなんですけどね。この感覚を記事にしてみました。

 

会社の法務支援にあってはまずはこの3つが土台となるように思います。取っ掛かりに困っている人は、まずここからトレーニングを始めてみるのもいいのでは思います。

 

 

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-法務総論