日記

地裁ガイダンス

地裁主催の実務修習ガイダンスに行ってきた。

 

近年建て替えられたと聞いていたが、実は行ったことがなく(←オイオイ)、異常にきれいな建物であるのにビックリ。さすがに大きさは若干小さいものの、京都地裁にも負けず劣らず、明るく開放的である。

 

約20名の修習生が集っており、案外多くてホッとした( ̄▽ ̄)=3

のちに山梨修習生に話したところ、「2群の山梨の方が少ない・・・」と。定数不均衡?(笑)

 

修習生にはいろいろなひとがいると聞いていたが、本当にそうだった。
濃ゆ~い人生を送ってきた感じの人が何人かいらっしゃる。やっぱこういう人に心惹かれるものがあるね。
新制度もこういう人が増えるならオーライだ。社会的にもね。
まあ今後どんどん減っていくだろうが。ほんとに誰が責任とるんだろ。

 

地裁での歓談後の二次会で、「ブログ書いてますよね!?」と不意のトークが!

・・・ぬぬぬなぜそれを!?(←別に隠しているわけではない)

後で聞いてみると、何とその方もおれがブックマークしていたブロガーではないですか!
光栄である。まさかお互いブックマークしているとは。ちょっと梅田望夫的な気分である。IT革命万歳。

 

内定さえとれれば地方修習は当たりだと思う。

・・・内定さえとれれば!

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-日記