旧司ノウハウ

旧司的ノウハウ④ー法的三段論法ー

連載第4回。法的三段論法について。

 

1.旧司法試験のノウハウ

法的三段論法が何かというと、大前提に小前提をあてはめて結論を出すというやつですよね。

大前提 人はいつか死ぬ

小前提 私は人である

結論  ゆえに私はいつか死ぬ

なぜかこの縁起の悪い例が多い(昔から不思議)が、このように大前提、小前提、結論の三段になっているから三段論法なわけです。

これを法律の文章において書くとき、大前提はルールという抽象論、小前提は事実という具体論になるわけです。

 

書き慣れない時期に多い誤りは、抽象論の理由付けに問題文の具体的事実が出てきてしまうことです。甲が可哀想だから、この文言につきこのように解すべきだ、というような論述です。抽象論は一般論として述べられるので、個別事案の事情が出てくるのは誤りだと思います。

 

頭の中で抽象論と具体論の切り分けができていないときに、この症状が起こります。ヒアリングで指摘されている「法令違憲と適用違憲の区別がついていない」というのも、要するに一般的な話と個別的な話の区別がついていないということの現われですから、結局同質の問題であるような気がします。

 

さて、以上の話を超正確に記した文章が刑事系のヒアリングにありますので、ちょっと加工して引用します。お口直しにどうぞ。

 

〔法律答案の基本的な構成〕by刑事系ヒアリング

①法律上の問題点を発見し、確定し、

②その問題点に関わる条文、法規、あるいは法律家であれば誰でも思いつくであろう

確立した判例法理についての解釈論を展開し、

③与えられた事実のあてはめを行い

④一定の結論に至る過程を論述する

①が問題提起、②~④が法的三段論法(②が大前提、③が小前提、④が結論)と考えてよいと思います。

 

2.新司法試験になって

新司法試験になっても、今までもそしてこれからも続く、法的文章の最も基本的な書き方です。

ただ!

ヒアリングが言うレベルで抽象論と事実の分析を両立させるなどということは、新司の問題文の量、時間の制約、の中では無理な注文だと思うんですよ。

常に問題提起→解釈論→あてはめ→結論の過程を経るフルスケールの論述は私にはできませんでした。ですので、当該事案との関係における重要論点についてのみこのフルスケールの論述をする、というふうに絞らざるを得ないと思います。

したがって、重要度の見極めが致命的に重要となります。

自分の筆力(何分で1枚書けるのか)、時間の制約など、現実問題と戦いながら練習と工夫を重ねる以外に磨く方法がないように思います。

問題提起のときにも書きましたが(旧司的ノウハウ①)、ここでも同じように、「正式な書き方を知ったうえで、現実の制約のなかで適宜省略する」という意識で私はやっていました。

 

3.実際の本試験で

これは基本ですし、ヒアリングでも再三言われていることですので、自分で重要と判断したところについては問題提起+法的三段論法で書きました。

ただ、やはり時間に追われ、目指したレベルまであてはめを充実させることはできず、やや旧司っぽいバランスとなってしまいました。

最近は「事実重視」の揺り戻しで、解釈論もちゃんと書きなさいみたいな風潮ですので、そんなに印象悪くなかったのかな・・・。まあそれはわかんないですね。

  • この記事を書いた人

とある法律職@転職×法務×弁護士

法律を手に職にしたいと思って弁護士になったが、法律って面白いと割と本気で思っている人。経歴:イソ弁、複数社(3社)でのインハウスローヤー、独立開業など。自分の転職経験、会社法務や法律相談、独立開業の話などをアウトプットしています。

-旧司ノウハウ