弁護士の転職

管理人の転職経験から、弁護士の転職記事についてまとめているカテゴリーです。

Designed by pch.vector / Freepik

▽ 主な転職記事の目次

▽ まとめ記事はこちら

弁護士の転職

2021/5/4

インハウスローヤー転職と非弁の論点【前編】

今回は、インハウスローヤー転職と非弁の論点について書いてみたいと思う。   非弁の論点は、座学の時代には「法曹倫理」とかナントカいった科目で若干触れるだけで、「そんな話、そうそう無いでしょうよ…こんなこと勉強して何になるんじゃろ」と思うものの(管理人の当時の正直な心情)、   実務になってみると、意外とそこそこ出会うことになるのが、非弁の論点である。   ※非弁行為に出くわすという意味ではなく、非弁に抵触しないよう検討すべき場面に遭遇することがある、という意味です。以下の個別 ...

弁護士の転職

2021/3/6

インハウスローヤーに向いている人・向いていない人

今回は、インハウスローヤーに向いている人・向いていない人、という話を書いてみたいと思う(もちろん、管理人の個人的意見です)。   働き方については、一般的には、 ①何をして働くのか ②誰と働くのか ③報酬(見返り)はなにか が大事なのだろうと思っているのだが、弁護士など士業の場合は、 ④「一国一城の主」を重視するのか というのを、前提条件的に重視している人も多いと思う。   ④については、そもそもその点を重視している人にはインハウスローヤーは選択の余地がないわけだが、それ以外の人につい ...

弁護士の転職

2020/12/30

2020年転職トレンド振り返り・最近のインハウスローヤーの変化

2020年も終わりということで、最近周りから聞いたり自分で感じたりした、今年の転職トレンドの傾向を書いておきたいと思う。   3つあって、うち2つはやはりコロナ関連で、3つめは、最近小耳に挟んだインハウスの変化傾向である。   1つ目:副業解禁やリモート化は進んでいるが意外と遅いorリバウンドも 1つ目はコロナの影響で、いわずもがなの感もあるが、テレワークの推進や副業解禁などである。非常な勢いで一時期進んでいたようなイメージがある。   が、ここで言いたいのは、意外と変化スピ ...

弁護士の転職

2020/12/20

インハウスローヤーはおもしろくない?|消極的〇〇の話

最近Twitter等を見ていると、インハウスをやっている人は皆つまらないと言っているとか、充実感を感じていないとか、面白くないと言っている、という評をわりとよく見かける。   世間的にはそういうもんなんだ…と思ったので、これとはまたちょっと違う個人的意見を書いてみたいと思う。   インハウスローヤーはおもしろくない? 自分はインハウスを面白いと思っているので感覚的によくわからないし、実際インハウスが面白くないというのを直接聞いたことがないのでよくわからないけれど、こういう評を見かけたと ...

弁護士の転職

2020/10/17

【弁護士の転職】転職のタイミングについて|退職を相談するか?

今回は、転職のタイミングについて書いてみたいと思う。なお、タイトルは弁護士の転職としてますが(個人の経験談という意味で)、弁護士とか特に関係ない話です。   ややバイアス(管理人の主観)の強い記事かな…??とも思うので、もし気になる方はブラウザバックしていただければと。     前向きの力と、後ろ向きの力が揃ったとき 人によって、次にやりたいことができたときとか、だいたい今のことを回したなと思うときとか、いまひとつ向いてない気がするなと思ったときとか、いろいろタイミングはある ...

弁護士の転職

2020/11/6

【弁護士の転職】インハウスローヤーのメリット・デメリット

巷にはインハウスローヤーのメリットとかデメリットを書いたネット記事がいくつかあるみたいなので、今回は、それについて書いてみたいと思う。   とはいえ、メリット・デメリットというより、自分としては、インハウスと外部弁護士は、対比的(対照的)というか、対になっているみたいな側面を感じることがあるんですよね。   なので、一概にどちらがいいというものではないかなと思っているので、基本的には好みの問題という感じになります。     規模感が違う 企業も規模によるし、法律事務 ...

弁護士の転職

2020/11/10

【弁護士の転職】転職エージェントからの応募者の見え方|エージェントの報酬構造、料率など

今回は、転職エージェントから応募者というものがどういう風に見えているのか、ということを書いてみたいと思う。   もちろん、管理人自身にエージェント経験があるという意味ではない。応募者としての何度かの転職活動と、採用側での採用活動で見聞きしたものである。ただ、実際のところ、だいたいの情報はググれば出てくるので、もし余裕があれば検索して調べてみてもいいと思う。   最初の方の転職活動では、そこまで気が回らないことが多いと思うので(少なくとも自分は回らなかった)、この記事で書いておきたいと思 ...

弁護士の転職

2021/5/30

【弁護士の転職】転職活動のロードマップ

Designed by pch.vector / Freepik 本記事では、転職活動に関する記事を一覧でまとめています。   最初の転職活動のときは、不安があったり気が重かったりしますが(過去の私)、転職活動といっても、単純にいえば、 Step1 転職エージェントに登録する  ↓ Step2 職務経歴書をつくる  ↓ Step3 面接を受ける そして内定を得る、これだけです。   仕組みはシンプルなので、最初の転職活動でも大丈夫です。心配ないです。   転職活動の流れと応募 ...

弁護士の転職

2020/11/10

【弁護士の転職】転職エージェント選びのFase3|新しい転職サービス

今回は、自分の転職活動の3回目のときのことを思い出して書いてみたいと思う。 (以下、便宜上、自分の3回目の転職活動のことをFase3といいます。)   Fase3では、分野特化型や一般型の転職エージェントに加えて、比較的新しい転職サービスにもちょっとだけ手を出してみた。   未利用のものも含めて、知っているものを並べてみたいと思う。まあ、ググればわかることだし、もう知ってるよ、という方も多いかもしれませんが、一応。。。   ビズリーチ(bizreach) 実際使ってみて特徴的 ...

弁護士の転職

2020/11/10

【弁護士の転職】転職面接の進み方・回数など

今回は、転職面接の進み方や回数について、自分の知っているところを解説してみたいと思う。   実際に転職活動をして体験するのが早いのだけど(それで事足りる。自分もそうだった)、話として聞いておくことで、チャレンジする心理的ハードルが下がったり、イメージできることで安心できる面もあるかもしれない、そういう記事です。   ではさっそく。   基本パターン 面接の進み方の、(理屈のうえでの)基本パターンは、以下のとおり。   面接①:人事によるスクリーニング 面接②:部付き ...